整形外科の牽引で痛みがひかない場合も大丈夫

そもそもなぜ腰痛がおきるのか?

腰痛が悩みになってしまっている、慢性的な腰痛を抱えてしまっていることで、定期的な治療が必要になっている人は多くいます。


腰痛は高齢者の症状と考えられる時代もありましたが、今は子供であっても腰痛を抱えることが多い時代になってきました。


またパソコンなどを使った、事務的な仕事が増えてきたことで、腰痛の症状を抱えてしまう人は増えていると言えるでしょう。
今や腰痛は何も珍しい症状ではないと言えます。


そもそも、腰痛が起きてしまうのはなぜかと考えてしまう人もいるでしょう。
腰痛の原因や、背景によって、理由は変わってきますが、
共通していることとしては、腰に大きな負担をかけてしまうことがあります。


人にとって、腰というのは体重、もしくは体重以上の負荷がかかってくる部位になります。通常の動物以上に、腰を痛めてしまう確率が高く、人間が腰痛を抱えてしまうのはある意味では当然であると言えます。


2足歩行という生き方、進化の仕方をしてきていることは、メリットを数多く生んできていることになりますが、腰のように、身体上、物理的に負荷が大きくなってしまう部分はあると言えます。


ただ、できるだけ、腰に負担が少なくなるよう、人の背骨というのはクッションを吸収できるような作りになっています。背骨はまっすぐではなく湾曲した部分があり、それによって腰や体全体に対する負荷を緩和することが可能になっています。
しかし、現代では、この背骨の湾曲が少なくなっているとや、背骨が曲がってしまっている人が多くいることになります。
その結果、腰に負担が大きくなっていると言えるでしょう。


腰の負担の増加は、痛みだけではなく、体全体のゆがみにつながってしまうとも言えるでしょう。姿勢を正しく保ち、できるだけ負担が少なくなるようにすれば、自然と腰痛のリスクは減っていくことになります。


内臓的な病気から来る、腰痛はまた話が別

内臓の疾患からくる、腰痛というのは姿勢を良くしていたとしても、感じることになります。このような疾患からの腰痛というのは、特別であり、例外であると言えるでしょう。


迅速な治療、対処が求められることが多く、姿勢を良くするだけでは症状を改善することは難しいと言えます。
内臓的な疾患による腰痛は、腰痛というよりも、疾患の症状の1つと捉えておき、疾患の治療にしっかりと力や意識を注いでいく必要があると言えるでしょう。


疾患が改善すれば、大抵は、腰痛の症状は改善していくことになります。

ぎっくり腰になったことがある芸能人・著名人

お笑いでは品川庄治さん・ペナルティーのヒデさんなど。身体をはった職業のためなりやすい。その他バナナマン日村さんもぎっくり腰になったとか?我々一般人だけでなく、著名人にも多いです。

2014年1月16日明朝、布団より起きようと力を入れた途端、腰に激痛が走った。数時間布団で横になるも治らず。家族の手を借りてなんとか自由ヶ丘の整体へ。ここで何故病院へ行かなかったかというと近くに検査機器の整った病院がないから。厳密に言えばあるけどその病院は気に入らない。歩くのもままならない程であったのでとにかく近くで診てもらうのが一番と考えたのだ。歩くたびにギシギシ・・・・。この痛みをなんとかする方法はないか。横着でめんどくさがり屋なことが影響したのだろうか。翌日17日の今日、中目黒の整形外科で検査を受けることに。

検査内容はありきたりだ。問診・触診・レントゲン。しかしながら柏 整骨院の先生がお勧めする通り看護師のフォローが素晴らしい。何故此処で柏の先生が出てくるかというと、以前住んでいたマンションから徒歩1分の距離であるからだ。

腰痛・ギックリ腰治療といえばココ(PR)

腰痛専門 大竹整体院大和駅前肩こり腰痛センター肩こり退治腰痛センター
富士市にある腰痛専門で実績のある整体院です。痛くない施術で慢性痛を治療可能な大和整体です。託児施設付きでママに優しい仙台市の整体院です。