整形外科の牽引で痛みがひかない場合も大丈夫

ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰は、比較的有名な腰痛であり、腰に痛みを感じたことがない人でも、無理をしてしまうことで、ぎっくり腰になってしまうことがあります。腰痛は運動をすることが予防ができたり、ストレッチをしていくことが重要な対処法になることが多いです。(一般論であり、全ての腰痛に対応できるわけではないので注意は必要です)

しかし、ぎっくり腰の場合、急激な痛みを感じたり、違和感を感じた時には、安静にしていうことが大切です。ここで下手に運動をしてしまったり、ストレッチをしてしまうと、痛みが長期化してしまったり、慢性化してしまうことがあります。

症状がある程度収まるまで、休養をしっかりと確保し、体を休めていく必要があります。動ける余裕が出てきた、あるいは、病院に連れていってくれる人がいる場合には、医師に相談をするのも良いと言えます。

ぎっくり腰になってしまった時は、特別何かをしなければいけないということはありません。自分にとって楽な姿勢を保ち、できるだけ、症状が安定するまでしっかりと休んでいくことが必要になります。

またぎっくり腰と思っていたが、実は、腰痛に関する様々な急性症状である場合もあります。そのため、できるだけ余裕が出てきた段階で一度医師に診察してもらい、状態を確認しておくと良いでしょう。

一般的に筋肉の炎症であることが多い

ぎっくり腰と言っても、症状や原因が違ってくる場合もあります。しかし一般的には筋肉が炎症を起してしまっていることが多いです。炎症を起している場合、暖めてしまうのは禁忌であるので、温しっぷなどを下手に利用してしまうことがないように注意が必要です。同様に、入浴などは控えておき、シャワーなどで体を洗っていくことが必要です。

冷やすことでの対処がぎっくり腰になってしまった直後では効果的と言われています。ですが、この冷やすというのも、何が何でも冷やしておけば良いということではありません症状が安定し、痛みが軽減してくるまでの応急処置としてとりあえず、利用しておき、やはり、その後の治療方針は医師に決めてもらうことをおすすめします。(あまりにも痛みが大きい場合には、救急車などの対処方法も必要になります)

ぎっくり腰は、体や腰に大きな負荷を与えてしまうことが引き金になることが多いです。ぎっくり腰になってしまった後の対処方法を知っておく必要もありますが、重いものを持ち上げる際には、腰ではなく足を使って持ち上げていくなどの工夫が重要になると言えます。

腰痛・ギックリ腰治療といえばココ(PR)

腰痛専門 大竹整体院大和駅前肩こり腰痛センター肩こり退治腰痛センター
富士市にある腰痛専門で実績のある整体院です。痛くない施術で慢性痛を治療可能な大和整体です。託児施設付きでママに優しい仙台市の整体院です。